2017.05.18

竹刀のお手入れ方法

竹刀の基本的なお手入れ方法

 

剣道防具の消臭なら、天然成分100%の消臭剤「りくり~ん」

 

剣道具で最も傷みやすいのが竹刀です。
竹刀は、竹を組み合わせて出来ているので、
使うほどに竹の部分がささくれていきます。

 

ささくれを放置すると、
打ち込んだときに飛び散ったりするのでとても危険です。

 

もし相手の目に入ったら、失明の原因になってしまうかもしれませんが
日頃からちゃんと手入れをしておけば、そんな心配をしなくて済みます。

 

用意するのものは、竹刀削り、紙やすり、竹刀油です。
ちなみに、竹刀削りはカッター、竹刀油は椿油かサラダ油で代用可能です。

 

まず竹刀を分解します。
先革と中結を外し、竹をバラバラにしましょう。

 

そのうえで、ささくれ部分を竹刀削りやカッターで削り、
ささくれを取り除きます。
さくれを全て取り除いたら、仕上げに入ります。
削った部分を紙やすりで擦り、表面を滑らかにします。
そして最後の仕上げが竹刀油です。

 

竹刀油をつけることで、竹にとって必要な油分を補い、
竹刀の寿命を延ばす効果があります。

 

冬場は特に竹が乾燥しやすいので、
状態を見ながらこまめに油分を補充しましょう。
最後に、乾いた布で余計な油を拭き取ったら手入れ完了です。

 

自分での手入れは難しくもありますので、
必ず一度は専門家に指導を受けてください。
そののちに自分での手入れができそうであれば

少しずつ実践していくのが良いかもしれません。

 

ともかく、事故や怪我があってからでは遅いですので、
竹刀の手入れも稽古のひとつだと思って、手入れはしっかり行いましょう。

 


Top