2017.05.16

防具のお手入れ方法

防具の基本的なお手入れ方法

 

剣道防具の消臭なら、天然成分100%の消臭剤「りくり~ん」

 

剣道具は、ただしまっておくだけでは傷んでしまう場合があります。
長く使い続けるためにも、日頃からの手入れが大切です。

 

▼面の手入れ
使用後は、まず内輪についた汗などを綺麗に拭き取りましょう。
汚れが気になる場合は、歯ブラシなどでブラッシングしてから拭き取ります。
その後は、日陰干しをしてよく乾燥させます。
革が使用されていますから天日干しはなるべくNGです。

 

▼胴の手入れ
胴も、汗や汚れをしっかりと拭き取った後に日陰干しをします。
胴胸の汚れは、歯ブラシなどを使ってブラッシングをすると
落ちやすくなります。
胴台には、手拭いなどをぬるま湯で濡らして絞ったものを使います。

 

▼垂の手入れ
同様に、汗を拭き取ってから日陰干しにします。
垂帯の汚れはブラッシングしてから拭き取ると効果的です。

 

▼小手の手入れ
内革をよく伸ばしてから、日陰干しでしっかり乾燥させます。
中の汚れが酷い場合は、タライなどに水を溜めブラシを使って軽く洗いましょう。
小手は剣道防具のなかで最も傷みやすいので、こまめな手入れが必要です。

 

いずれも日陰干しの前に「りくり~ん」をスプレーすることで
抗菌、除菌、消臭効果が得られます

 

剣道防具の基本的な手入れ方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ただ放置しておくのと比べて、明らかに効果はあるはずですので、
ぜひ実践してみてくださいね。


Top